カテゴリー
未分類

xamppにcomposer入れてlaravel入れる

xamppはportableを使用(特に理由はない)導入は http://www.animavoid.net/blog/xampp-portable-setup/ を参照。

ルート直下に置くこと。置かないときはsetup_xampp.batを実行する

composerをインストール。あちこちに書いてあるのでそのとおりに作業

laravelの現時点のLTSは5.5らしいので、5.5を入れて、公式マニュアルは https://readouble.com/laravel/5.5/ja/

チュートリアルでやったのは

Laravel 5.5 入門として「基本のタスクリスト」を作成する [その1]

Laravel + Vue.js で出席管理Webアプリを作成する – Part.1

コントローラー作ったときに自動で設定されるアクションについては、https://qiita.com/sutara79/items/cd4371b246b44a2cf87f#%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%99%E3%82%8B

Model,DB関連だと

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/eloquent-relationships.html

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/migrations.html

LaravelのModelを初心者向けに解説!作成方法や使い方、実践までを即理解

Laravel5でHTML/Form Helper等を使わない場合の対応メモ https://qiita.com/zaburo/items/b2e537c243b40aad869f

 

カテゴリー
未分類

ひさしぶりにphpフレームワーク

なんとなく作りたいアプリがあったので、久しぶりにphpフレームワークを検討してみました。phpを選んだのはなんとなくWeb用言語のイメージだから。
RoRでもいいんですが個人的にPerlやRubyは好みじゃないので。
ということで自分で選ぶならpython or PHP or node.js 辺りなのですが、自分以外の人がメンテナンスする可能性を考えるとPHPが簡単かなぁと思っただけなのです。
cakephp,codeigniter,yii は以前使っていたのですが、今調べてみるとcakephpとLarabelの二択っぽいのとcakephpは後方互換捨てた&larabelの方がブームっぽいので、新たな気持でlarabelに挑戦することにしました
以前php触っていたときはcomposerはあったけどギリ無くても大丈夫な感じでしたが、今はcomposerは当然な感じなんですね

環境作り

カテゴリー
未分類

cubox-i2とvolumioとbluetoothspeaker(現状報告)

ずいぶん久しぶりの更新

これまでの試行錯誤1試行錯誤2でいろいろ試した結果、

現行volumioではcubox-i2とbluetoothspeakerで

  • 接続することはできる
  • コマンドラインから音楽ファイルを再生できる

までは確認できたのだけど、volumioの設定ページからスピーカーを選択する、mpd.confに設定してみても音が鳴らないという状況から抜け出せなかったので、結構前にvolumioを利用するのは諦めてました

で、現在cubox-i2にはLibreELECを入れてbluetoothspeakerで機嫌よく音楽を聞いてます。LibreELECは最初起動したときにBonjour(mDNS)がONになってないのでディスプレーかテレビが必要という点が残念(有効にすれば次回からは)。bluetoothSpeakerにもSSHとか無しで接続できてるので結構満足。

カテゴリー
未分類

cubox-i2とvolumioとbluetoothspeaker(試行錯誤中ググりんぐ二日目)

夜な夜な涙とともにパンをかじった。: Bluetooth A2DP Headphone デバイスがうまく接続できない場合
https://poor-user.blogspot.jp/2015/03/bluetooth-a2dp-headphone.html

MPD (Music Protocol Daemon)のインストール | やってみよう準備室
https://tech.nosuz.jp/2017/02/install-mpd/#mpd_bluetooth

How can I restart pulseaudio without logout? – Ask Ubuntu
https://askubuntu.com/questions/15223/how-can-i-restart-pulseaudio-without-logout

モニオの部屋: Volumio/RuneAudioをMPDアプリ(MPaD/MPoD)でアルバムアート表示する方法
http://masayukikawate.blogspot.jp/2015/09/volumioruneaudiompdmpadmpod.html

alsaでbluetoothスピーカー出力 – Akionux-wiki
http://ja.akionux.net/wiki/index.php/alsa%E3%81%A7bluetooth%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%87%BA%E5%8A%9B

Bluetooth ヘッドセット – ArchWiki
https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/Bluetooth_%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

Raspberry Pi と Bluetooth ワイヤレスホンで音を鳴らしてみる:息子と一緒に Makers:So-netブログ
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2015-08-26

Raspberry Pi 3 + mpd + Bluetooth接続のスピーカー – いきあたりばったり
http://aki.sunnyday.jp/blog/?p=1310

Output plugins
https://www.musicpd.org/doc/user/output_plugins.html

mpdにて複数の音声出力先の指定をわかりやすくする – いきあたりばったり
http://aki.sunnyday.jp/blog/?p=830

Bluetooth/Headphones-HOWTO – openSUSE
https://ja.opensuse.org/Bluetooth/Headphones-HOWTO

カテゴリー
未分類

cubox-i2とvolumioとbluetoothspeaker(試行錯誤中ググりんぐ一日目)

SolidRun – Docs products:imx6:software:os:volumio [Wiki | SolidRun ]
https://wiki.solid-run.com/doku.php?id=products:imx6:software:os:volumio&s[]=volumio

MuBox on CuBox-i インストール基礎入門編 – PetapicoShop
https://www.petapico.biz/%E3%83%A9%E3%82%B8%E9%A4%A8petapicoshop/mubox-on-cubox-i-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E5%85%A5%E9%96%80%E7%B7%A8/

CuBox-i でミュージックサーバーvolumio を試してみる – PetapicoShop
https://www.petapico.biz/%E3%83%A9%E3%82%B8%E9%A4%A8petapicoshop/cubox-i-%E3%81%A7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BCvolumio-%E3%82%92%E8%A9%A6%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B/

にっきちょう:CuBox-i2 と Volumio
http://blog.livedoor.jp/clio9330/archives/51989122.html

Volumio2の初回起動時は、WiFiで”Volumio”にアクセスしよう: わくの右往左往
http://wakwakuosao.seesaa.net/article/445798793.html

Quick Start Guide – Volumio Documentation
https://volumio.github.io/docs/User_Manual/Quick_Start_Guide.html

[Volumio 2] ユーザーIDとパスワード
http://raspi.ryo.sc/volumio2_userid/

VolumioでBluetoothを使えるようにしてみた | ガジェット大好き きのぴぃのブログ
http://kinopy.info/kinopy/2017/05/volumio%E3%81%A7bluetooth%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/

Raspberry PI 3 で Bluetooth(A2DP) – Qiita
http://qiita.com/nattof/items/3db73a95e63100d7580a

Linux PCにBluetooth機器を接続する – Qiita
http://qiita.com/shskwmt/items/fffabf521201f5835214

volumioの画面 その2 : Studio Okamoto の 徒然日記
http://okamoto1.exblog.jp/23932948/

Volumio – Audiophile Music Player
http://volumio.local/playback

Bluetooth ヘッドセット – ArchWiki
https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/Bluetooth_%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

Arch LinuxでBluetoothイヤホンを接続して音を出す – Qiita
http://qiita.com/syui/items/ddcb000e5c9baa3b6e48

debian – Error when trying to connect to bluetooth speaker: `org.bluez.Error.Failed` – Unix & Linux Stack Exchange
https://unix.stackexchange.com/questions/258074/error-when-trying-to-connect-to-bluetooth-speaker-org-bluez-error-failed

How to unpair bluetooth device from the command line – Ask Ubuntu
https://askubuntu.com/questions/758586/how-to-unpair-bluetooth-device-from-the-command-line

カテゴリー
未分類

Let’sEncrypt+coreserver

SSL化しようとしたときに、もちろん候補になる無料で使えるけど90日ごとに更新しなきゃいけないLet’sEncrypt。

自前サーバーだと自動で更新できるらしいですが、レンタルサーバーだし、pemファイルの中身をブラウザ上でフォームに入力しなきゃいけないので、完全自動更新にはできない

ブラウザ経由で入力してLet’sEncryptの証明書を取得できるのもあるけど、できる限りややこしくならないようにしたいので、vagrantでubuntu / xenial64(https://app.vagrantup.com/ubuntu/boxes/xenial64)を準備して、teratermで127.0.0.1:2222(vagrant sshで表示される)へSSHしたうえで

sudo apt-get update
sudo apt-get install software-properties-common
sudo add-apt-repository ppa:certbot/certbot
sudo apt-get update
sudo apt-get install python-certbot-apache

ここまではcertbotのインストール

sudo certbot certonly -m MAILADDRESS -d portal-sight.com –agree-tos –manual

coreserverの指定されたパスに指定された内容が書かれたファイルを用意して続けると必要なファイルが作成される
sudo ls /etc/letsencrypt/live/
sudo ls /etc/letsencrypt/live/portal-sight.com/
sudo cat /etc/letsencrypt/live/portal-sight.com/cert.pem
sudo cat /etc/letsencrypt/live/portal-sight.com/privkey.pem
sudo cat /etc/letsencrypt/live/portal-sight.com/fullchain.pem
sudo cat /etc/letsencrypt/live/portal-sight.com/chain.pem

coreserverにログインして、ドメインをSSL用に移す

privkey.pem,fullchain.pem,chain.pemの内容をcoreserverの所定の場所にコピペ

/private/etc/letsencrypt/live/[ドメイン名]/cert.pem (証明書)

/private/etc/letsencrypt/live/[ドメイン名]/chain.pem (中間証明書)

/private/etc/letsencrypt/live/[ドメイン名]/fullchain.pem (ひとまとめになった証明書)

/private/etc/letsencrypt/live/[ドメイン名]/privkey.pem (プライベートキー パスフレーズなし)

で完成

詳しくは↓↓↓を参照