QNAP(TS-112)がトラブル中

QNAPのNAS(TS-112)がどうしようもなくトラブル中です。QTSは現時点で最新バージョン 4.3.3.1252 build 20200409

事の発端はHDDのエラーが出てきたことなのです。それ自体は全然大したことじゃなく、TS-112は1ベイなので、じゃあHDD交換しなきゃな~→バックアップもしておこう。という流れです。自然ですよね

で、再起動したんですが、

Web管理画面にアクセスできず、SSHでログインして、

ししおどし: QNAP の Web UI にログイン不可能になった場合の対処法
http://blog.scaredeer.com/2016/08/qnap-web-ui.html

TS-469 Pro – Web UI stuck in redirect loop – QNAP NAS Community Forum
https://forum.qnap.com/viewtopic.php?t=103635

Webサーバーを再起動したらWeb管理画面には入れます。いつのころからかセキュリティ保護されたログインができなくなりました。気になるのでmyqnapcloudでVPNで繋ぐことにしました。(TS-112が対応してる最終バージョンのQVPN Service 1.0.17342 の管理画面に入れないので、もしかして今後設定できないの?)

肝心のUSBHDDへのバックアップは Hybrid Backup SyncはWeb管理画面からどうやっても起動できないので、SSHでrsyncでやりました

【 rsync 】コマンド(その1)――ファイルやディレクトリを同期する:Linux基本コマンドTips(82) – @IT
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/02/news031.html#sample1

TS-112自体もアプリ起動できないものがあるので、そろそろ替え時なのかもしれません

qnap(arm)でtomcat

[TS-228A] QNAPにTelnet/SSH接続でパソコンからリモート遠隔操作する方法:コンソールでコマンド実行 | QNAP NASの使い方 | iPod/iPad/iPhoneでNASを使う | iPod/iPad/iPhoneのすべて
https://www.apollomaniacs.com/ipod/howto_nas_qnap_ssh.htm

Raspberry PiでApache Tomcat – JavaのWebアプリを動かす : アジャイル株式会社
https://www.agilegroup.co.jp/technote/javaweb-on-rpi.html

Apache Tomcat® – Apache Tomcat 8 Software Downloads
https://tomcat.apache.org/download-80.cgi

で、実際やってみたところ、TS-112でTomcatは起動しますが、激激激重なので、やめました

DVDからISO

我が家にあるDVDプレイヤーといえばPCにUSBでつなげるものだけで、テレビにつなげたりモニター付きのDVDプレイヤーはありません。もちろんそれで見れるので問題ないのですが、テレビの画面で見たいものがたま~~にあるんです

気軽に使いたいので、 DVDはそのままではなくISOに変換したのをSDカードやUSBメモリかNASに入れて、TVにはノートPCをその都度つなぐのではなく、 xbianかLibreELEC的なOSを入れたRaspberry Pi=ラズパイをHDMI接続してKODIで再生。 スマホでリモコンできるはず、

ですが!個人利用でも(コピーガードしてるもの限定?)DVDをリッピングするだけで違法になるとのこと、いきなりお先真っ暗ですが、再度の法改正があったときのためにDVDからISOにする手順だけメモ

DVDShrinkでISOファイルに書き出し 以上

MercurialリポジトリをGitリポジトリへ

BitbucketがMercurialをやめるというのでMercurialリポジトリをGitリポジトリへ変換する必要に迫られたのでやってみました

Githubがプライベートリポジトリ作れるようになっているのでMercurialやめるなら自分にはBitbucketを選ぶ理由がなくなってしまうので、手動でGitに変更せずにmercurialのhggitプラグインからGithubのリポジトリへpushして新しく作ったディレクトリへpullしたら済むような気はしつつ、ローカルで変換してみます

ほぼこの3か所の情報でできたので、ざっくりと手順を書きだすと

  1. まず新規gitリポジトリをbareで作成、bareで作成したはずなのになってなかったので、3つめのページを参考にbareにしました
  2. git-daemon-export-okファイルを作成しgit daemonしてそこへpush
  3. gitのbareをfalseにしてgit checkoutすることで最新が反映される

ということになります。今回はあんまり外に出したくないデータだったのでローカルで変更してみましたが、bitbucket(の新規gitリポジトリ)なりgithubに上げてるor上げても構わないものであればそこを経由する方が楽なように思います

KOMAINOというマイコンボード

随分前に購入したKOMAINOというマイコンボード(残念ながら、在庫限りで終了っぽい)。

micro:bitと似てるのですが、こちらはbluetoothじゃなくwifi,電池ボックス付き(単3電池3本),開発環境はArduinoIDE(microbitはScratchでできますね)などと違いがあります。

公式サイトにあるサンプルコードを動かしてみて、あとは放置という状態だったのですが、思い立って引張りだして情報を調べたところ、全然情報がなく本家での販売も無くなっておりパーツショップも在庫限りとなっているのでもう新しい情報は出てこないのでしょう。

KOMAINO固有以外はArduinoの情報が役に立つと思うのです

macbookproでandroidstudioのバージョンアップでつまづいた

androidstudioのバージョンアップ3.4->3.5したときに、バージョンアップ作業自体はトラブルなく終了し、起動というときに全く反応がないという状況になりました

pleiadesを入れてるからだと思いますが
$HOME/Library/Preferences/AndroidStudio3.5/studio.vmoptions (OSごとのファイルの場所は https://developer.android.com/studio/intro/studio-config#file_location )

-javaagent:$HOME/Library/Preferences/AndroidStudio3.4/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

-javaagent:$HOME/Library/Preferences/AndroidStudio3.5/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
に書き換えたらうまく起動しましたよ。という事でした

https://wiki.dead.jp/?AndroidStudio#e4048b78  同じ解決ですが、とりあえず起動させてから修正する方法がかかれてます

マックです

半年ほど前にMacBookProを購入しました。これまでWindows一筋だったのです。Macはフリーズする不安定なOSだという実体験による刷り込み?があったのと、自分(の端末)用に開発するのにもちょっと支払いが必要だと思っていた(スマホ初期からの思い込み)、本体がWindowsよりお高いというのもあり、これまで候補にも入らなかったのですが、いきなり次はMacにしようと思ってしまいました。2年ほど前からiPhone7を使っているというのもあるのかも(次はiPhoneにしないと思います。お高すぎ〜)

Xcode7で1円も払わずに自作iOSアプリを実機確認する – Qiita

https://qiita.com/FumihikoSHIROYAMA/items/a754f77c41b585c90329

この記事は素晴らしいですね。まだ実際にやったことはないですが、自分用の開発ぐらいはお支払いなくできてほしいものです

いまだにwindowsマシンも現役で使っているのですが、やはり両方使うと体が慣れているwindowsが良いですね。Macはアプリ開発に関してだと補完関係のキーボードショートカットがOSに取られてるので、どちらかを変更する必要に迫られるのですが個人的にそれはやりたくないのです。自分で変更するということはググったときに書いてる内容をそのままやってもうまくいかないという場面に遭遇する可能性があるんです、今回の場合はSpotlightですね。もちろん↓を参考にMac側のキーボードショートカットを変更しましたよ!!

あとMacで難しいのは、日本語切り替えのところ、スペースキーの両隣に「英数」と「かな」がある点。どうしても左手小指で「1」のところを押してしまいます。これはしょうがないかな

ところで、Macのcontrolキー(ShiftとTabの間にあるキー)って何に使うの?

miband3がイイね!(最新はmiband4ですけど)

miband3を使っています。なにそれ??と言う方のために簡単に書きますと、スマートウォッチのパチもんみたいなものです

アマゾンとか楽天でも売ってますが、私はGearbestで購入。はるばる海を渡って来てくれました。(最初についてたバンドが切れてしまったので、再度Gearbestで3本購入)

何が良いって充電が月1回ぐらいで大丈夫です。それでスマホの通知が受信できるのでいちいちスマホを出さなくて良い。ライフログではたまに睡眠の状態を見てるだけです。歩数は記録してますがほぼ見てません

最近のAppleWatchは電子マネー使えるらしいので羨ましいですが、時計は左腕に付ける派なので改札通るのはあんまり便利じゃなさそうだし、支払いでもレジの位置によっては苦しそうなので、電子マネーやPay類はスマホでOK

アプリのオープンベータ版をストアで公開してみましたよ

実は私はAndroidのアプリを作ってます。今回はそのうちの一つのアプリについてです

e-かくしん給与明細電子化サービスビュアー

個人でチマチマやってるので、いろいろ後手に回ってしまいユーザーさんのレビューが酷いことになってますねぇ。ある時を境にplaystoreのレビューは一切見ない事にしました。もちろん不定期に開く管理画面に報告されてるエラーや不具合には対応していってますよ

個人的には★一つコメント無しみたいな役にも立たない評価は気にしませんし(ちょっとだけメンタルには来ます)、寝る時間を削って作ってるのをわかってくれとは思わないのです。まぁ★一つける手間をかける熱意があるなら、アプリ内マニュアルの広告見てくれたほうがよほどこちらのやる気にプラスになっていいと思うのですけどね

と、ボヤキはこの程度にして

修正したのを公開したときにチェック不足でそことは別のところで関連する不具合起こって、頻回の更新が必要になる。というパターンが結構あるんですよね。もちろん気をつけてるのですが、新しめの実機が無いのと情報収集の不足でその辺の対応が不十分になってます

ということで、本題。そろそろバージョン1になるのを記念して、事前にβ版を公開してフィードバックしてもらうことにしました。

e-かくしん給与明細電子化サービスビュアーオープンベータ版

ご興味ある方は是非ご参加下さい。ベータ版が無いときもあります

“アプリのオープンベータ版をストアで公開してみましたよ” の続きを読む

ウイルス対策ソフト フリー Free Antivirus for Windows Avira or Avast or Others

Windows10ではDefenderがあるのでまぁいいか。とDefenderに任せてましたが、試しにaviraとavastの無料版を入れてみました

aviraは https://www.avira.com/en/downloads (Aviraトップページ->Support->Download)からダウンロード、普通に実行するだけで自動でインストール。途中でAvira社の他のセキュリティー関連ソフトを入れるか聞いてきますので答えて(私はとりあえず全部無し)、起動

avastはavastトップページの真ん中にPC用無料ダウンロードとあるのでそれをクリックしてダウンロードして普通に実行で自動でインストール後起動。Avast Free AntiVirusと同時にAvast Secure Browserが自動でインストールされました

どちらのソフトもタスクトレイのアイコンから終了というメニュは無いんですね(当たり前か(^_^;))

aviraは別ソフトになっているのかもですが、avastではインストール後のスマートスキャンで余計なファイルやレジストリやといろいろチェックしてくれたのが予想外に良かったです。